ブクログまとめ 2018年1月

nakagawaの本棚 - 2018年01月 (4作品)
世界記憶コンクール (創元推理文庫)
世界記憶コンクール (創元推理文庫)
三木笙子
読了日:01月05日
powered by Booklog

2017読んだ本のベスト

ブクログのプロフィールページにある「お気に入りベスト3」コーナーを、2017年初読のベストに変えてみました。

ザ・ロードコーマック・マッカーシー
「ジュンのための6つの小曲」古谷田奈月
エドウィン・マルハウス」スティーヴン・ミルハウザー

になりました。
選ぶのにあまり迷わなかった。

ちなみに去年も同じことをやっていて、2016ベストは

「革命前夜」須賀しのぶ
「星の民のクリスマス」古谷田奈月
デンデラ佐藤友哉

でした。

2017読了本のリストを以下に貼り付けておきますが、ほんとただのリストなので私以外には面白くもないかなーと思います。
私にとってなにが面白いかといえば、Twitterでぼそっと呟きましたが終盤の目を瞠る失速ぶりです。

(リンク先は、ブクログユーザーみなさんのレビューページになっています)

 

続きを読む

文庫の人でーす

年が変わると同時に文庫・新書担当になりました。
何年ぶりかの、返り咲きなのです。
数日しか経っていませんが……
「やっぱええなあ!!!!!!」
とひしひし実感しています。

昔々、文庫担当だったのですが、相性最悪だった当時の店長と大喧嘩やらのすったもんだの、某専門書担当に異動と相成りました。
その頃のことは思い出すと眉間の皺が深くなるので詳しくはやめておきましょう……
その異動の時に「ああこれで書店員やめるんかな」と本気で思ったことを覚えています。
結局やめずにずるずると居続けたのだから、内容問わず本という物体が好きらしいというのは新たな発見でした。

今回、文庫・新書の椅子が空くことになって、私はこの機会逃すまじと「やりたいです」と店長に申し出はしました。もうすっかり某専門書に浸かりきっているし、店全体のバランスとか色々あるんだろうし、どうかなあ……と思いながらも。
しかし文庫のボスからご指名いただいていたということもあり、無事に。ありがたや。
ボスなんて書くとネタっぽくて申し訳ない感じですが、以前の店舗でお世話になり、現店舗に私を招いて下さった恩人です。少なくともこの方にとって私は邪魔ッケではないらしい……と安心しつつ、「こんなはずではなかった」と思われないようがんばろう。

メインが新書であと文庫の一部……という形なのですが、潔いほど現世に疎いことは新書の人として厳しいですね……どうしようかな。

2017年10月に読んだ本

nakagawaの本棚 - 2017年10月 (5作品)
powered by Booklog

神田古本まつり

二度目にしてしかし、やっぱり右往左往してきただけに終わってしまいました。
買ったのは、三割引になっていた本を2冊だけ……。
神保町は難しい、ああ難しい。いつか仲良くなれるんだろうか。
 
せっかくこっち方面にきたのだからと、少し電車に乗って東京へ行き、インデアンカレーをいただきました。
本拠地は大阪のようで、関東は丸の内にしかなく頻繁には食べられない。相変わらずカレーもピクルスも美味しかったです。

東京駅の中にも立ち寄りたい店がいくつかあったのですが、すっかり体力消耗してしまってそのまま帰宅しました。
体力アップは2018の最重要課題だなー。

 

インデアンカレー

f:id:nakagawa0626:20171104210824j:image