読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがほのか派

果物はあまりたくさん食べません。比較的好きなぶどうや桃でも、シーズンに2~3回食べるかどうかというところ。
しかし、いちごとなると話が変わってきます。
私にとっていちごは、果物というよりもはや、いちごという孤高の1ジャンルになっています。

いちごと言えばあまおう、という方も多いのでしょうか。
あまおうは美味しいですね。でも実は私、さがほのかを一番好んで食べます。時々パッケージにリカちゃんの絵が描いてあるやつです。
甘みと香りが強いという品種。なんとなく、当たり外れの差が小さい気がします。価格も買いやすい。
そして意外と重要なのが、小粒なものが多く売られていること。あまおうなどは大粒でふたくち必要なことが多いのですが、さがほのかはひとくちでいけます、たいてい。いちごひとくちで食べたいんです私は!

最寄りスーパーはしばらくの間あまおうorとちおとめでしたが、今日行ったらさがほのかが売られていてテンションあがりました。
スーパー入っていちごバーンなこの時期、私はとても幸せです。

井の頭のぶたさん

井の頭公園で肉まんを食べるイベントを完遂してから、動物園(自然文化園)に足を運びました。

 

以前この動物園には、かわいいピンクのミニブタがいまして、私はしばしば会いに行っていました。でもある日、姿が見えず看板も外されていて……職員の方に訪ねたらやはり、という。

 

それもあって足が遠のきがちだったので、今日はかなり久しぶりの来園でした。

そしたら、いたー。ぶたさんいたー。

新しい子は黒ぶたさん。眺めてると一挙手一投足が本当に愛らしく、なんといいますか、私癒やされてる~~てなります。

帰ってから調べてみたら、昨年の5月からいたらしい。もっと早く来ればよかったです。

 

象のはなこは、昨年に亡くなって今もなお井の頭の看板です。

動物園はそれぞれに推し(?)がいて面白いですが、自分なりのお気に入りもいるとなおさら楽しいと思います。


f:id:nakagawa0626:20170312224327j:image

ぶひー

『 黒娘 アウトサイダー・フィメール』牧野修 感想(ややねたばれ)

うわあえげつない。このハードル私にはちょっと高かった。

極端な性差別思想を持ち強姦殺人を続けている男達を、美女アトムとロリータ少女ウランが犯して殺してめっためたにする物語。勧善懲悪と思いきや、一番えげつないのがアトムとウランだったりする。なにがなんだか分からない構図だが、それもそのはずで、男達は秘密結社の構成員であり彼女は……という伝奇でもあるから。この伝奇サイドが垣間見えていなければ、興味よりしんどさのほうが勝ったかもしれない。
しかしがんばってハードルを越えた甲斐あって、島に渡って以降の終盤は好みで楽しめました。

アトム&ウランたん以外の女性では、グリーンドアのミル子がすごく良かった。緑色の扉は、わかるわかる!っていうのではないけれど、あー……なんか、うん。ていう私にとっての距離感が、ミル子への好意に繋がりました。これはサスペンス的な読み応えもあって良かったです。

 

 

黒娘 アウトサイダー・フィメール (講談社文庫)

黒娘 アウトサイダー・フィメール (講談社文庫)