読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年3月に読んだ本

できるだけ感想文を書きたいと思いながらなかなか出来ずじまいです。

続きを読む

アーモンドー!

いただいたDEAN & DELUCAの袋を帰宅して開封したら、大大大好物のブールドネージュだったのでひゃっほーと飛び上がってしまいました。
白くて丸い、サクサクホロホロのお菓子。名は「雪の球」の意味だとか。
そういう会話をした記憶はないけれど、好物だとおでこに書いてあったかな。仕事に行き詰まって「ブー……ド……ネジュ……」とぶつぶつ言ってた可能性も否めないかな。
自分ではだいたい無印良品で買います。

昔、製菓学校に通っていたという同僚に、お菓子の種類について尋ねたことがあります。
実は自分は焼き菓子が好きだ。
しかしいろんな名前のものがあって違いが分からない。
貝殻の形をしていたらマドレーヌ、なのか。
私がウマーと思う時それはフィナンシェと書かれていることが多いが、これはいったいどういうことか。

主流の型というのもあるようですが、フィナンシェはアーモンドプードルを使うんですよと教えてもらいました。
「確かにそうだな!」と納得したものです。
言われなくては分からない人間です。

ブールドネージュもやはりアーモンド仲間なんですよね。
ああ美味しい。

食べ物ブログになりつつありますか。

 

『カミオカンデとニュートリノ』 感想(?)

カミオカンデとニュートリノ

カミオカンデとニュートリノ

 

 

科学はロマンだぜ。
と言って解らなかったことを誤魔化す。
でも、美しい論に肩入れしがちだなんて研究者達もたいがいロマンチストらしい。

私は「カミオカンデ? なんだか強そうでかっこいいな」と興味を惹かれた超文系なので、解らないのは当然でした。しかし解らないなりに、これ以上簡単にしたら余計意味不明とか別物になってしまうというギリギリのラインに違いないと察せられました。

研究の内容などについてはちんぷんかんぷんで……。「この式を見れば分かるように」って「いやわかんないし」て食い気味で突っ込んでしまったし。

カミオカンデがどのように作られたかとかドキュメントの一面はとても楽しめました。
あと重力崩壊型超新星爆発っていうもののシナリオも、理解できたとは到底言えないながら、手に汗握りつつかっこいい……としびれていました。

 

そうした元素から地球や生物が生まれたということは、われわれ自身が星のかけらでできているということになるのです。 ー 76ページ