らーめん

私のらーめん人生は始まったばかりなのです。
年に数回食べるかなという感じで長くを生きてきました。
この1,2年はそれを取り戻す勢いで食べています。
なぜ急に? なぜだろう。わかんない。
モンブランナポリタンと違って、ひたすらうんめえと感じるから求めるのでは実はないことを、うっすら自覚しています。まだ私はらーめんを解っていない、でも理解しろという切実な叫びが丼の底から聴こえる、解りたいんだ解らせてくれという焦燥が私にのれんをくぐらせる。

マそんなのどうでもいいんですが、今日も通りすがりのらーめん屋にふらりと入ってみました。
博多、とある。
一風堂は先述したような複雑な関係を脱していないものの、一蘭は大大好物なので、私はきっと博多発のらーめんが好きなんだろう。と思っていて、今日もわくわくいただいたのですが、至ってふつうのらーめんでした。心震えない。
私が好きなのは、博多ではなく一蘭なのか。
そう実感しました。
ということを書きたかっただけです。

今までに食べた一番美味しかったやつは、武蔵家のあご塩かもしれない。

ケーキは私を救う

今年一番の……いや、ここ一年で一番くらいの、イライラデーでした。
読むにも書くにも苛立ちすぎている。
仕方ないので、そういえば調べごとがあったなと食べログを開きました。
食べログ(笑)」みたいな風潮もあるようですが、私は便利に使わせてもらっています。採点というものが苦手なので書き込みはしていないんですが……。

途中から調べごとを離れ、ケーキ屋さんの情報を延々と、だって飽きないから延々と、眺めていました。
一番楽しいのはショーケースの写真だと発見。ケーキは原則可愛らしいものですが、微妙なところでツボだったりちょっとずれていたりするのが良くわかります。
食べてもいないのにこんな幸福感に浸れる食べ物はケーキ以外ない。
このお店は行かねば……といそいそ手帳にメモして遊んだりなぞしてしまいました。
そしてすっかりご機嫌を取り戻す私。

電車を乗り継いで有名パティスリーへ出向いたり、時々します。
案外ふつうだったな、ということも実は少なくない。まあふつうということはふつうに美味しいのですが。
さっき書いたような見た目で言うと、ロートンヌが好みだった。
モンブランマニアとしては、アテスウェイも外せない店です、まじで神モンブラン
ふふふへへへ。

2017年3月に読んだ本

できるだけ感想文を書きたいと思いながらなかなか出来ずじまいです。

続きを読む

アーモンドー!

いただいたDEAN & DELUCAの袋を帰宅して開封したら、大大大好物のブールドネージュだったのでひゃっほーと飛び上がってしまいました。
白くて丸い、サクサクホロホロのお菓子。名は「雪の球」の意味だとか。
そういう会話をした記憶はないけれど、好物だとおでこに書いてあったかな。仕事に行き詰まって「ブー……ド……ネジュ……」とぶつぶつ言ってた可能性も否めないかな。
自分ではだいたい無印良品で買います。

昔、製菓学校に通っていたという同僚に、お菓子の種類について尋ねたことがあります。
実は自分は焼き菓子が好きだ。
しかしいろんな名前のものがあって違いが分からない。
貝殻の形をしていたらマドレーヌ、なのか。
私がウマーと思う時それはフィナンシェと書かれていることが多いが、これはいったいどういうことか。

主流の型というのもあるようですが、フィナンシェはアーモンドプードルを使うんですよと教えてもらいました。
「確かにそうだな!」と納得したものです。
言われなくては分からない人間です。

ブールドネージュもやはりアーモンド仲間なんですよね。
ああ美味しい。

食べ物ブログになりつつありますか。

 

『カミオカンデとニュートリノ』 感想(?)

カミオカンデとニュートリノ

カミオカンデとニュートリノ

 

 

科学はロマンだぜ。
と言って解らなかったことを誤魔化す。
でも、美しい論に肩入れしがちだなんて研究者達もたいがいロマンチストらしい。

私は「カミオカンデ? なんだか強そうでかっこいいな」と興味を惹かれた超文系なので、解らないのは当然でした。しかし解らないなりに、これ以上簡単にしたら余計意味不明とか別物になってしまうというギリギリのラインに違いないと察せられました。

研究の内容などについてはちんぷんかんぷんで……。「この式を見れば分かるように」って「いやわかんないし」て食い気味で突っ込んでしまったし。

カミオカンデがどのように作られたかとかドキュメントの一面はとても楽しめました。
あと重力崩壊型超新星爆発っていうもののシナリオも、理解できたとは到底言えないながら、手に汗握りつつかっこいい……としびれていました。

 

そうした元素から地球や生物が生まれたということは、われわれ自身が星のかけらでできているということになるのです。 ー 76ページ