『彼女がエスパーだったころ』宮内悠介 感想

宮内悠介面白そうだな、どの作品を読もうかな、とリサーチしていた矢先の吉川英治~でしたので、ヨシキタとこの本を選びました。
短編集で、連作……に当たるのだろうか。関係性はありますが、因果関係は強くない模様。
ドライなようで実はウェットなのかその逆なのか、私には判断が難しいです。
狐につままれたような読後感、さらにその後やってきた、幻の狐を追い求めるような感覚、かなり独特なもので、クセになりそう。良い作家さんだなあ。

収録作の中で一番ツボだったのが『百匹目の火神』。
猿による全国規模の連続放火をめぐる話。エンタテイメント的なものと文学的なもののブレンドぐあいが、とても私の好みに合いました。ラストシーンは「あざといぜこんちくしょう」とつぶやきながら、でも感動しちゃうもんはしちゃうんだから仕方ないじゃないですか。

『水神計画』も好きです。言葉により水を浄化する、世界を浄化するという精神世界めいた<水神計画>に主人公は関わっていくが、意外な方向に。
このタッチでこの展開を書いてしまうことがまず異常でした。なんだろこれ、とやや戸惑いながら読み進めましたが、主人公が窮地に陥った時の光景が面白く(限定的な愉快ではなく)、この頂点に、それまでとそれからの諸々が収斂されていく様が興味深かったです。

他の本も読んでみようと思います。

 

彼女がエスパーだったころ

彼女がエスパーだったころ