カラフルな油性ボールペン

地元の文具店に立ち寄ったら、ずいぶん可愛いデザインのカラーインク油性ボールペンが並んでいました。
手にとって試し書きした瞬間「買う!」
五色くらいあったのですがそんなにはいらなくて、かといって一本だけも寂しいので、とりわけ気に入ったピンクとエメラルドっぽいものを。
PENSANというメーカーのdokusoft。トルコ共和国とのこと。

バーコードシールを剥がすのに失敗し、本体に残った糊をセロテープでぺっちゃぺっちゃ取る作業に時間がかかりました……。

最近ぐるっと一周した感じで、いわゆるふつうの油性ボールペンに惹かれます。
上からマーカーを引けたり、紙を選ぶこともほぼなく、インクの減りも遅い。
この堅実で謙虚な感じ、すてき。

一番使う黒ペンも、今はPILOTのOpt.という油性ボールペンなのですが、ひとつネックが。
Opt.のクリップってしっかりしていてそこが売りでもあるらしいのですが、指で押して梃子的に開かないといけない。
手帳のペン差しがクリップを挟む前提の細いものだと、ペンを収めようとした時思った以上に手間を感じます。すっといかない。
それ意外はとても気に入っているのですが。

f:id:nakagawa0626:20180228234342j:image